発達障害の子育て教育体験記



2007年10月11日

コミュニケーションがとれる未来のロボット

うちの息子は、知らない人とコミュニケーションをとるのが苦手である。典型的な自閉症の症状。でも、コミュニケーションを取れないなんていうのは普通の子供でもよくあることで、人見知りが極端に強いだけ・・・。
最近はいろいろ話をするようになった。まあ確かに、初対面の人とはコミュニケーションが取りにくいですが、慣れれば大丈夫。

ということで、コミュニケーションがとれる未来のロボットの開発という記事を見つけた。コミュニケーションをとる練習でもする気なのか。まあ、使い道はわからないが面白そう・・・。







Charlie Sorrel『Waseda-Docomo face robot No.2』(WD-2)は、どんな人の顔も3Dで模倣できるロボットだ。WD-2の顔は、『セプトン』という弾力性のある素材でできており、顔の特徴を表す場所に27個の点が配置されている。これらの点を、背面から棒状のもので押すことで全体の形が変化し、人間の顔や表情を模倣する。

早稲田大学の高西研究室は、この技術を使って、人間とより上手くコミュニケーションがとれる未来のロボットを作ろうとしている

――コミュニケーションといっても、実際にこのロボットに接した人は、完全にパニクってしまいそうだが。

一方、もっと役に立ちそうなのが、WD-2のサイドプロジェクトとして進められている、人間の顔をコピーするという試みだ。さっと3Dスキャンするだけで、WD-2は誰の顔でも模倣できる。[ここで紹介した動画では実際の顔の映像を投射していず、いわば「裸」の状態だが、研究室のサイトでは、顔の2次元映像をロボットに投射した動画も紹介されている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)





◆ご訪問ありがとうございます。このブログは情報発信用のブログのため、コメントは私の子育て日記「自閉症って知ってますか?」にお願いします。

posted by ともべえ at 21:25| Comment(0) | 子育て日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

Wiiで引きこもり克服も――精神医療にゲームを活用

うちの息子は、本当にゲームが好きである。あまりゲームをさせると「ゲーム脳」になると言われているが、ポケモンだからいいかと思いながらやらせている。その集中力ときたらすごい。好きなものは決まっているが、好きなものに対する執着心は半端ではない。そのへんを他のところに少し分けて!!と言いたくなるが、その偏った執着心が自閉症の症状でもある。

ゲームが結構マイナスイメージとして伝えられることも多いが、面白い記事を見つけたので紹介します。我が家にもWiiスポーツがあるが、確かに強くなると生き生きしている。自信がつくのだろう。




発達の遅れが気になる子どもの教え方


 「ゲームのネガティブな面ばかりではなく、有効利用されている事例も知ってほしい」――デジタルゲームの国際学術会議「DiGRA2007」で9月27日、精神科医の香山リカさんらが、精神医療やリハビリテーションの現場でゲームを治療に活用した事例などを紹介した。

 香山さんは1990年代半ばから20例ほど、精神医療でゲームを活用した治療を行っているという。「ゲームによってやればできるという自信がつくことが重要なポイント」と香山さんは語る。

 例えば、対人恐怖で「引きこもり」だった女性のケース。家族に勧められWiiのスポーツゲームを始めた女性は、ゲームが上達するにつれて家族から評価されることが自信につながり、顔の表情が徐々に明るくなった。その後は、アルバイトに出かけるまでに回復したという。

 また、相手の気持ちを想像するといったコミュニケーションが苦手なアスペルガー症候群患者の男性は、友人ができないことに悩んでうつ状態になっていたが、香山さんに勧められてオンラインゲームを始め、ゲーム内のユーザーとチャットで短いコミュニケーションをするようになった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)





◆ご訪問ありがとうございます。このブログは情報発信用のブログのため、コメントは私の子育て日記「自閉症って知ってますか?」にお願いします。

posted by ともべえ at 22:08| Comment(0) | 子育て日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。